【開催中】楽天お買い物マラソンへ

【実際に売れてる】アップリカのチャイルドシートおすすめ6選

ベビー用品店で働くナカジが、アップリカのチャイルドシートを全て解説します。

アップリカから発売されているチャイルドシートは現在6種類あり、ユーザーのニーズに広く対応したラインナップとなっています。

店頭では「どれが人気ですか?」という質問をよく受けるので、実際に売れている順番にアップリカのチャイルドシートをランキングしてみました。

MEMO
あくまでも僕が働いている店舗での話です。全店舗の統計ではありません(勝手に公表できないので・・・。)

アップリカ チャイルドシートの基本

POINT
  • 月齢に合わせて選べるラインナップ
  • 各モデルにグレードがあり、値段や機能で選べる
  • 平らなベッド型チャイルドシートはアップリカだけ
  • ISOFIX、シートベルト取付に対応
  • 生産数が多いから通販では安く買える

アップリカは独自の平らなベッド型チャイルドシートを筆頭に、新生児~4歳頃までの回転式チャイルドシートが主力です。

その他、1歳からのチャイルドシートや、3歳からのジュニアシートなど月齢に合わせて選べる豊富さも魅力◎安全基準R44をメインに、最近ではR129のチャイルドシートも増えてきました。

アップリカはベビーブランドの大手なので安心感がありますね。

アップリカのチャイルドシートおすすめ6選!

おすすめ6選というか、アップリカのチャイルドシートは大きく分けて6種類です。

そのため、売れてる順にすべて紹介します。

各機種ごとに詳しい個別記事を用意したので、気になる商品は合わせてご覧ください。

【1位】クルリラ

実際に店頭で1番売れているのが【クルリラAD】です。

おすすめポイント
  • 新生児~4歳頃までの回転式
  • 7段階のリクライニング(内角130°)
  • ヘッドレストと肩ベルトが連動して高さを調節できる
  • 1台で「ISOFIX」と「シートベルト」どちらの取付に対応

クルリラは従来通りの「イス型の回転式チャイルドシート」で、アップリカの中でも主力と言っていいはずです。左右どちらにも360°回転するので、ドア側に向けて乗せ降ろしが可能◎

▼7段階リクライニング

前向き・後向きのどちらも7段階リクライニングに対応しています。前向きでも7段階倒せるので、2歳~4歳の時にも眠りやすいのが特徴◎かなりフラットに近い位置まで傾けることができます。

アップリカのチャイルドシートでリクライニングが7段階あるのはクルリラだけです。

さらにクルリラは1台でISOFIXとシートベルト取付の両方に対応。

メインの車はISOFIXで、たまに違う車で使う時はシートベルト取付という風に使い分けが可能です。取付方法で迷ってる方が安心して購入できるのも売れてる理由です。

おすすめはクルリラAD

 

安全基準R44の最新モデル【クルリラAD】は、新たに通気性&クッション性のある「シルキーエアー」が採用され、赤ちゃんの快適性がUPしています。マシュマロGキャッチや肉厚まも~るクッションといった安全面もばっちりです。

MEMO
クルリラのR44は別記事(⇒クルリラの違い)で解説しています。R129クルリラはこちら(⇒【R129解説】クルリラ ビッテエックスの違い

【2位】ディアターンプラス

ディアターンプラスはアップリカ独自の【平らなベッド型チャイルドシート】です。

おすすめポイント
  • 新生児~4歳頃までの回転式
  • 平らなベッド型になる
  • 3段階のリクライニング

▼ディアターンプラスの最大の特徴がフラットにできる点

平らなベッドで赤ちゃんは呼吸がしやすい◎

この横向きフラットは新生児~1歳頃まで使用できるので、その間はかなり有効なチャイルドシートだと思います。

ただし、リクライニングが3段階と少なく、前向きで使う時には全然リクライニングできません。そのため、新生児期に特化している印象です。

 

おすすめはディアターンプラス ISOFIX AB

 

ディアターンプラスのISOFIX取付の最新モデルです。シリーズで唯一、シートにメッシュ素材が採用され、肩ベルト連動やレッグルームの調節可能など便利な機能が増えた1台です。

シートベルト取付なら【ディアターンプラス AB】がおすすめ。これは新生児からのチャイルドシートでAmazonベストセラー1位に輝いています◎

ディアターンプラスも種類が豊富です。違いは(⇒【帆の有無】ディアターンプラスのプレミアムの違い!isofix ABが最上位モデル)で解説しています。

【3位】フォームフィット

最近売り上げが伸びているフォームフィット!

おすすめポイント
  • 1歳~11歳頃まで
  • ISOFIX固定(トップテザー)
  • R44とR129が選べる
  • 高さに合わせて横幅も広がる
  • 肩ベルト連動
  • ムービングシート

まずポイントとなるのが、ヘッドレストの高さに合わせて横幅も広がる点です。

小さい時は狭く、大きくなるにつれて横幅を広くできる設計なので、成長に合わせて体にフィットした状態で使えるチャイルドシートとなっています。

▼そしてISOFIX&トップテザー。

従来のISOFIXはツッパリ棒のように足元に棒がありましたが、トップテザーでは車のシート裏にひっかけます。足元がすっきりするので荷物などを置くことが可能ですね。

 

▼ムービングシート

リクライニングさせたときに座面が前にスライドしながら傾くので、お子様が寝た状態でもリクライニングが簡単◎←これ重宝します。

1歳からのロングユースを探しているなら一押しのチャイルドシートです。

おすすめはフォームフィットAB

 

現在、新しいACもありますが性能が同じなので、値崩れして安くなってる【フォームフィットAB】がおすすめです。上記で紹介した機能はすべて搭載さています。

フォームフィットもR44とR129があるので詳しくは(⇒フォームフィットの違い)で解説しています。

【4位】フラディアグロウ

ディアターンプラスの上位版「フラディアグロウ」

おすすめポイント
  • 新生児~4歳頃までの回転式
  • 平らなベッド型になる
  • 安全基準R129
  • サイドシールド
  • 帆あり

ドア側の衝撃にも対応したモデル「新安全基準R129」適合のチャイルドシートです。

▼ドア側の衝撃に対応した【サイドシールド】を搭載

平らなベッド型という点はディアターンプラスと同じですが、帆が標準装備、全身マモールクッション搭載でクッション性UPなど上位版という感じになっています。

おすすめはフラディアグロウ ISOFIX セーフティープラス プレミアム

 

フラディアグロウの最新モデルです。洗える肩パッドカバーがあり、帆も広くなって紫外線カット率も99%以上と性能がUPしています。単純に性能が1番優秀なので、フラディアグロウなら最新モデルがおすすめになります。

フラディアグロウのグレードの違いを知りたい方は(⇒フラディアグロウの違い)を合わせてご覧ください。

【5位】エアライド

3歳からのジュニアシートなら「エアライド」

おすすめポイント
  • 3歳~11歳頃まで
  • コンパクト設計
  • 座面がふかふか
  • 2段階のリクライニング

アップリカのジュニアシートならエアライドです。というか、これしかありませんw

座面が硬いジュニアシートが多い中、エアライドは座面のクッション性が高いので長距離ドライブでもお子さんに負担が少ないです。あと2段階リクライニングありなので車のシートに合わせやすいのも魅力。

おすすめはエアライドAD

最新モデルがADで旧モデルにACとABがあります。この3つはカラー以外は同じなのでどれを購入してもOKです。

MEMO
ジュニアシートはどのメーカーも1種類のみなので比較する場合は他メーカーとの比較になります。
【同じ商品!?】アップリカ エアライドAD・AC・ABの違いはデザインのみ!

【6位】エアグルーヴ

シートベルト取付のロングユースなら「エアグルーヴ」

おすすめポイント
  • 1歳~11歳頃まで
  • シートベルト取付
  • 肩ベルト連動
  • ムービングシート

3番目に紹介したフォームフィットと同じロングユースで、肩ベルト連動やムービングシートといった便利な機能を搭載した1台です。

ただし、エアグルーヴは横幅が広がらないので、1歳頃はちょっと横幅が広くてフィット感がない点だけはご留意ください。(タオルを挟んだりして対応するのがベストかなと思います)

しかし、通販なら約16,000円と安いのが魅力的です◎

おすすめはエアグルーヴAD

ナンバリングの最新モデルで、ヘッドレストにマシュマロGキャッチが搭載され、安全面もUPしています。

上位版のプレミアムモデルもあるので詳しくは別記事(【分かりやすく解説】アップリカ エアグルーヴの違い!ADとAC、プレミアムは何が違う?)を参考にしてください。

まとめ

アップリカのチャイルドシートを選ぶお手伝いはできたでしょうか?

実際に売れてる順に紹介しましたが、機種によって月齢が違うので使用したいタイミングに合わせて比較検討されることをおすすめします。より詳しい個別記事を以下に掲載しておくので、合わせてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です